【犬の手作りごはん】秋鮭のレシピ~皮を食べるときはココに注意!

 

 

美味しそうな秋鮭があったので、手作りごはんに使うことにしました。

 

秋鮭は、日本の川で生まれた稚魚が海を回遊したのち、また9月~11月に日本へ戻ってきたところを捕らえたものです。つまり、天然の魚なんです。

 

養殖のサーモンとは異なり、脂身が少なくあっさりしているので、ダイエット中の犬にもおすすめです。

 

 

【犬の手作りごはんレシピ】秋鮭を使ったごはん

 

 

秋鮭の石狩鍋風ごはん

 

【材 料】秋鮭、さつまいも、大根、人参、しめじ、豆腐、へちま、味噌、各適量

【作り方】さつまいも、大根、人参、へちまは適当な大きさに切り、しめじはみじん切りにします。根菜としめじを水から火にかけ、柔らかくなったら秋鮭、へちま、豆腐、味噌を入れ秋鮭に火が通ったら出来上がりです。

 

冷蔵庫にあると思っていた小松菜が無かったのが残念(汗)!

 

 

 

 

 

秋鮭の特徴と栄養

 

 

鮭は世界中で食べられている魚ですが、日本が世界の漁獲高の約3分の1を消費しています。

 

「サーモンピンク」という色の名前まである鮭ですが、分類上は白身魚です。鮭の赤い色素はアスタキサンチンという成分で、強い抗酸化作用を持ち、老化防止や生活習慣病の予防に優れた効果を発揮します。

 

また、気と血を補い、胃腸の機能を強化する効果もあります。

 

切り身を選ぶときは、きれいなピンク色で透き通っているもの、皮にハリがあって身が引き締まっているものを選びましょう。

 

 

◆秋鮭の栄養成分

 

秋鮭には良質なたんぱく質のほか、ビタミンB群がすべて含まれています。ビタミンB1は疲労回復に、ビタミンB2はコートや爪の健康維持に役立ちますよ。

 

カルシウムを骨に定着させるビタミンDも豊富に含まれているので、乳製品やカルシウムを多く含む食品と組み合わせると、カルシウムの吸収が促進されます。

 

カルシウムを多く含む野菜には、小松菜、ほうれん草、チンゲン菜、春菊、ブロッコリーなどの緑黄色野菜があります。これらの野菜とあわせ、ミルク煮や石狩鍋、ゴマ豆乳鍋などにするのもおすすめです。

 

 

 

秋鮭の皮は食べる? 食べない?

 

 

秋鮭は、皮にも栄養がたっぷり含まれていることをご存知ですか?

 

鮭の皮には、犬の健康に役立つコラーゲンをはじめDHA・EPAなどの不飽和脂肪酸が豊富です。捨ててしまうのはもったいないですよ!

 

特に秋鮭のような天然の鮭の場合は、海を回遊してきていますから、環境や、不純物などの影響を受けている度合いが少ないと考えられています。

 

但し、与えるときは、加熱のしすぎに注意してください。

 

血液サラサラ効果のある不飽和脂肪酸を含む皮ですが、加熱しすぎると過酸化脂質に変化します。

 

過酸化脂質は、不飽和脂肪酸とは逆に、血液を凝固させる効果があります。つまり・・・血液ドロドロ効果です。そんなものは食べさせたくないですよね。

 

カリカリに焼きすぎた皮や、古くなって変色したものなどは食べさせないほうが無難です。我が家では、鮮度の良い天然鮭が手に入ったときだけ、皮も食べさせています。

 

良い状態のものを選んで食べさせてあげましょう。